ヘビーローテーションな毎日

f:id:lily777flura:20200918021158j:plain

ヘビーローテーションな日々

私のお弁当の話

 

私には珍しく

お弁当持参が継続している

 

その代わり

メニューは超ヘビーローテーション

 

豚か鳥の胸肉

豚は炒めて

鶏肉は焼くか、鳥ハム

 

青物

・枝豆

ブロッコリー

・オクラ

・ピーマンの塩昆布あえ

 

たまにポテサラ

かぼちゃのオリーブオイル焼き

彩りにプチトマト

 

ご飯に必ず入れるのが梅干し

ごま塩かおぼろ昆布をトッピングする

 

ワンパターンでも自分で作ると

なぜか飽きない

 

今朝はかなりボケていて

ピーマンの千切りに塩昆布をあえたつもりが

ふえるわかめを混ぜて

昼ごはんにお弁当の蓋をあけて

気づいた

 

ふえるわかめも塩味なので

味付けは問題なかった・・・

 

時間通り

それなりのバランスの食事は

お弁当が生命線なので

私なりに真剣

 

自分の身体を作っているのは

食べ物だから

秋に思うこと

f:id:lily777flura:20200917064210j:plain

気づいたら9月も半分過ぎていて

来週明けには秋分の日がやってくる

 

年に2回

昼と夜の時間が同じの日

 

5年位前はこの2日と冬至夏至

とても大切な気がして

仕事を休んで

自分の好きなところに出かけているようにしていた

 

もう祝日でない冬至夏至

なかなか休みにくくなってしまい

この習慣も薄れてしまった

 

今でも満月や新月

空を見上げることはあるが

特別な日としてとらえることは少なくなった

 

呼吸のトレーニングを始めたり

自分についても他人についても

身体のことにフォーカスすることで

暦のなかの1日が大切なのではなくて

自分が持っている呼吸や心拍やリズムのようなものは

実は暦と呼ばれる自分が当たりまえにくらしている

自然や時間の中に組み込まれているのかと

思えるようになった

 

組み込まれていたとしても

深い深い

無意識の中でのことなので

気づくことは難しいのかもしれない

 

ただ

呼吸に意識を向けて

自分の身体を感じたときに

この身体と意識というものは

全く別物で

身体という入れ物に意識がはいっていて

その二つが

上手くシンクロできているときと

まったく調和していない時があることに気づく

 

それって

自然のリズムとかいうものにも

調和していないということなのかもしれない

 

 

直感を磨く毎日の習慣

最後にブログを更新して

3か月半

 

ようやく4月のコロナ第一波のことを

冷静に振り返ることが

出来るようになった

 

 

今から思えば

自分自身が張りつめていて

正直なところ

メンヘラ一歩手前だったと思う

 

「咳エチケット」

「ソーシャルディスタンス」

「在宅勤務」

今まで聞いたことがない言葉が

当たり前に使われる日がくるなど

全く予想していなかった

 

会社が政府の「緊急事態宣言」に対してとる対応と

会社の中で自分が所属している部門の方針が違う

 

業務のために「完全在宅」する部署と

一部だけでも「絶対出勤」する部署で

対応が正反対になり

うちは出勤が必要な部署なので

現場は大変だった

 

出勤しないと出来ない仕事もあるのだ

 

そのころは感染者が出たら

会社を封鎖しないといけないと

身構えていて

 

感染者が出ても業務が止まらないように

出勤できる人材のバックアップのため

出勤組と在宅組にチームを分けて稼働したが

業務量が偏り

出勤組に負担がかかって

珍しくメンバーとぶつかった

自分の選択が正しかったのか

正解を求めて

凹んだ

 

世間では仕事がなくて家にいる人がいて

ありがたいと思いつつ

出勤・在宅に関わらず

毎日せわしなかった

 

嵐のような4月が終わって

GWを引きこもって過ごした

気分は現実(=会社)逃避だった

 

 

どこにも行く気はなくて

家で過ごすうち

毎日、丁寧に暮らすようになり

自分が食べるものは

自分で料理するようになった

オンラインでトレーニングをするようになって

少しずつ自分を取り戻したように思う

 

この5月、6月、7月を過ごして気づいたのは

 

料理は自分の舌を整える

レーニングは自分の肌感覚を整える

そして、味覚・触覚は

直観力を整える

ということだった

 

目から入る知識、理論をつなぐ思考だけでは

行き詰ってしまう気がする

 

肌感覚・触覚については

また別のブログで書こうと思う

 

目から入る情報に慣れすぎて

それに依存することで

じぶんの平衡感覚が麻痺する

 

たった10秒でいいから

静かに目を閉じて

ただ呼吸に集中することは

本当に大切だと実感する


そこで思い浮かんだことは

忘れてしまうので

書き留めておくことはお勧め


写真はほぼルーティーンとなった

会社に持っていくお弁当

この日から2段に変えた

f:id:lily777flura:20200802115311j:plain


一番安全な場所にいる方法

先週、家の周りを散歩したら、

桜がきれいだった

 

今日の雨でもう終わってしまうだろう

f:id:lily777flura:20200412150909j:plain

 

遂に緊急事態宣言が出て

それは命令ではなく「要請」で

会社でも対応することになり

出来る限り在宅勤務にする方針になった

 

医療現場ではないけれど

現場仕事が多いので

感染リスクを5段階評価して

チームの半分を選抜して

在宅勤務チームと出社チームを決めた


感染者が出るのは時間の問題

そのための交代要員確保でもある

業務を止める訳にはいかない

それが会社方針だ

 

感染者が出たときに

業務停止というリスク回避

 

在宅勤務のメンバーとは

来週の月曜日から5月6日まで

1か月近く、リアルで会えない


毎日オンライン昼礼するし

打合せもテレワーク出来るから

何の問題もないけど


あまりにも今までの当たり前から

すっ飛びすぎて

自分が映画の登場人物になったように感じる

確かに現実なのに

夢だと分かっていて夢を見ているときのような

感じがしている


政府がしっかりしていないとか

陰謀説とかいろんな情報があるけど

何が良いとか、悪いとか

正しいとか 間違っているとか

そういう問題ではなく


ひたすら

自分の目の前の刻々と変わっていく現実を

 

受け止めて自分で考えて行動する

に徹している

 

家に帰ると緊張の糸が切れる
 
週末に時間が出来て
気持ちが落ち着いて
チームのメンバーが愛しくてたまらなくなった
 
何かを悪として戦うより
目の前の仲間とちゃんとつながることのほうが
ずっと大切だ
 
つい、思考先行になるのを
深呼吸して自分自身の
本来のホームポジションにもどす
それが一番安全な場所になるから

半分で見る世界

f:id:lily777flura:20200313205129j:plain

眼科で
日帰り手術を受けた

30分もかからず
局所麻酔で終了


終わって少しして
麻酔が切れ始め
目の中がコロコロ
目の表面も痛い


顔の半分くらいの
眼帯を貼られ
マスクをしていると

顔面の3/4を
白の不織布で覆われていて

軽さの割に見た目が派手

 

片目だけで見る世界は
チカチカして
距離感がわからない

背後の人を見るために
身体全体で
振り向かなくては
いけない

今までになく
最大限に
聞き耳をたてていた


片目の眼球を動かすと
両目とも
同じ方向を見ることに
気づいた


眼は2つで1つの
機能を果たすように
できているのだ

 

手術中
目を開けたままで
目の前を道具が動くのが
怖くて

緊張するのが
邪魔になる
体中に力が入って
手術の邪魔になるようだ

ひたすら
呼吸に集中したら
あっという間に終わった

身体の力を抜くためにも
多分
パフォーマンスを上げるにも

呼吸を意識することは
とても有効

#呼吸 #リラックス

片目生活


眼科で
日帰り手術を受けた

30分もかからず
局所麻酔で終了


終わって少しして
麻酔が切れ始め
目の中がコロコロ
目の表面も痛い


顔の半分くらいの
眼帯を貼られ
マスクをしていると

顔面の3/4を
白の不織布で覆われている

 

片目だけで見る世界は
チカチカして
距離感がわからない

背後の人を見るために
身体全体で
振り向かなくては
いけない

今までになく
最大限に
聞き耳をたてていた


片目の眼球を動かすと
両目とも
同じ方向を見ることに
気づいた


眼は2つで1つの
機能を果たすように
できているのだ

 

手術中
目を開けたままで
目の前を道具が動くのが
怖くて

緊張するのが
邪魔になる
体中に力が入って
手術の邪魔になるようだ

ひたすら
呼吸に集中したら
あっという間に終わった

身体の力を抜くためにも
多分
パフォーマンスを上げるにも

呼吸を意識することは
とても有効

#呼吸 #リラックス

ここではないどこか なんてない

f:id:lily777flura:20200305031719j:plain

花粉症の季節がやってきた


今年は目にきていて
両目とも「ε ε」
みたいになってる

 

鏡の中の
ブサイクな自分に憂鬱になる

 

コロナ対策で
仕事中もマスク装着

慣れてなくて

付けかた下手くそで
メガネが曇って不快
(眼鏡あるある)

 

種子法がえらいことに
なっているとか

 

緊急事態宣言が
可能なるかも知れないとか

 

騒がれているテーマが
あまり理解できていなくて
真実もわからないから不安

 

これから先どうなるのか
予測も出来ず

 

どっか自由な国に
全部捨てて逃げようと思う投げやりな気持ちになる

 

だけど

「ここではない、どこか」

都合よく現実逃避できる場所なんて

どこにもない

 

どうにか出来るのは

今ここにいる自分が

一呼吸できる10秒くらいの間

 

その自由だけは

みんなが持っている

 

#10秒間の自由 #呼吸