秋分の日 今日までの振り返り

f:id:lily777flura:20190923230817j:plain

今日は秋分の日

一日の昼と夜の
時間が同じ日


連休だったにもかかわらず
体調不良のため
だらだらと過ごした

 
そんな中で
この1年少しの自分の身体の
変化について
振り返ってみた

気付きというものは
意識=思考ばかりだと思っていたが

身体の感覚から気づくことも
多いのだと
この1年ほどで認識した


私の場合は
昨年8月からトレーニングスタジオに
不定期にいくようになり

身体(ボディ)からのアプローチとなった

かつては
身体ではなく思考を優先に
していた

結局頭でっかちになってしまい
現実と、知識・思考とのギャップが
とても苦しくなってしまった

いろいろ
どん詰まりになり
本当に生きるのに
うんざりで
自分が嫌いになったとき


やっぱり好きなことは
13歳で辞める事になり
就職してから
細々と続けてきた
バレエやダンスだったと

自分を振り返ったのが
レーニングスタジオに
通うことにつながった

それまでには
色んな人との出会いがあって

プロでダンサーをしていないまでも
本当に「もの」にならなくても
才能やセンスがなくても

これほど
エネルギーを
身体のことに注ぐことを
自分に許すに至ったと思う


今のところ
身体が変わったと
自信をもって言えるのは
自分の足裏全体で
自分の体重を感じることが
できるようになったこと

骨盤からまっすぐに
すとんと足裏まで
何かが流れている感覚が
分かるようになったこと

現在はその状態にはなった


それが自分の
何にどう影響するのかは
これから結果が出て
ゆくのだと思う

失敗すること

「失敗」についてサラリーマンと自営業の違い
本当に興味深い
 
サラリーマンの時の失敗と
自営業の失敗
 
 
今まで自分の力で何もしていなかった人にとって
とても参考になると思う
 
ただ与えられている状態と
試行錯誤をできる状態について
考えさせられる
 

笑える思い込み

今まで自分ではトレーニングで
チャクラを意識するなんて
思いもよらなかった


チャクラ、エネルギー、気


そんなものは希薄で
自分で運動して心拍を上げ
汗をかく事と
全く無関係なものだと
勝手に思い込んでいた


「静かに座して感じるもの」


そんなイメージを作り上げていた
穏やかに蓮華座で座り
瞑想しているのカッコいいと
思っていたのだと思う

自分の思い込みが
間違っていたというよりも
ただ自分の体験をするチャンスを
遠ざけていたことが
とても残念で

その間に正しいと思って
足掻いていた日々が
ちょっと笑える

なぜなら

自分で勝手に決め付けて
意識することさえしない

まるで
食べず嫌いで
本当は美味しいと感じる
料理を味わわないで
生きてきたみたいな
感じだからと思うからだ

ちょっと古いが
巨人の星」のテーマソングの
「♪~ 思いこんだ~ら 」
を思い出した

(画像は整地ローラー)

 

f:id:lily777flura:20190922103456j:plain

 

メンテナンスの続き 〜喉チャクラ〜

f:id:lily777flura:20190921094213p:plain

Y字バランスのストレッチで
ずいぶん骨盤周りが
スッキリしたように
感じた頃

何となく意識が
ボディ(上半身)に
向いているのを
感じた

土台がしっかりして
より上に
意識が届くように
なったのだろう


レーニングでは
色々なアプローチが
行われるが

この日は
「喉チャクラを開く」
という言葉が

自分の中に
手ごたえのある
感覚とともに
スコーンと落ちた


「喉チャクラ」とは
第5チャクラとも呼ばれ
喉の辺りにあると
言われている

チャクラは
サンスクリット語
「車輪」の意味

エナジーがくるくる
車輪のように
回転しているのだそうだ

私がかつて
スピリチュアルに
ほぼ自己逃避として
どっぷりハマっていた時代
得た知識が
役に立っている

自分にとっては
黒歴史
その6年の期間は
常識外れの
ある意味
自分には都合のよい
精神世界という
自分探しの時間で

今にして思えば
ただの
痛いおばさん時代だった

少し前までは
チャクラと聞くと
うっすら苦い感覚を
思い出していた



「喉チャクラを開く」

を意識すると
喉の辺りにどこかから
涼やかに
風が通り過ぎる
感じがした

方向は
自分の前方から
自分の喉を通り過ぎて
いく感じ

なぜか
喉チャクラなのに
みぞおちや胃の辺りが
スッキリした感じになる

喉チャクラを
意識するのを止めると
みぞおちや胃の辺りの
スッキリさ加減が
どこかに行ってしまう

そして
不思議なことに
人の話している言葉も
とても自分の中に
入ってきやすく
なった気がしている

理由は不明

自分の中に流れる
エネルギーのような流れが
本来の状態に
近くなったのかも
知れない

理由を頭で考えたり
調べたりするよりも
自分で感じて
身体がOKという方向に
進んでいきたいと
思っている

 

ちなみに

喉チャクラの対応カラー

ターコイズブルー

 

 

 

 

メンテナンス始めてます

f:id:lily777flura:20190920100132j:plain

7月の終わりから

定期的に

ボディメンテナンスを

する事に決めて

月1回オイルマッサージを

受けている


並行して

8月から温冷浴と

強めのストレッチを始めた


温冷浴で身体を温めたあと

ストレッチ

左右のY字バランス

足は身体の前方から

側面にスライドさせる


私にとってかなりハードで

汗だくになる


始めの2週間は

なぜか内出血と

わけのわからない痛み

その後3週間くらいは

筋肉痛というよりは

打撲痛

尻もちをついて

尾骶骨を強打した後のような

痛み

ストレッチを始めるとき

足先を持つときに

その痛みを超えないと

ストレッチの領域に

辿り着けない

軽い一撃がある

そこは毎回

イニシエーションのように

超える


少しずつ

可動が広がっていった


その後1週間は痛みが

ずいぶん和らいだ


ここまでの段階で

大きく変わったこと


足の裏の「構造」が

確実に機能した


かかとと「肉球」の部分が

はっきりと

地面を押して

立てるようになった


足の裏から

頭頂まですっと

流れが整った感じがする


「流れ」と書いたが

それは


「気」なのか

「エネルギー」なのか

なんと呼べば正確なのか

自分の中で探っているが

流れがあり

風か空気のようで

停滞すると不快で

さらさらと流れると

心地よい

それは身体の中だけではなく

身体の周辺にも

流れている感じがする

多分

自分の意思でコントロール

出来るだろう


そんな状態を

体感している

不定期に通っている

KAYAメソッドで

「身体が整う」という

表現が使われるが

こんな感じなのかもしれないと

思っている


このメンテナンス&ストレッチの

変化はまだまだ

続いている


自然でいるって、どういうことだろう

f:id:lily777flura:20190830185920j:plain

自然でいるって

本来の流れに沿って生きているイメージがある

流れって何だろう

ふと

「秩序」っと言葉が
ひらめいた

秩序に沿って生きるって
波風は立たない

多くの人がルールだと
しんじている
「常識」の範囲から
出ないで生きるから


それって


楽しい?

わくわくする?

安全な領域のなかでは
味わうことができない
少しだけ

怖かったり
痛かったり

チャレンジが必要なこと

それこそが
求めている楽しさ
な気がする

秩序を守る
正しくある
とは全く違う

少しだけの勇気を
持つだけでいい

成長し続ける

f:id:lily777flura:20190821083746j:plain

「現状維持は衰退である」
と信じていて

毎日変化し続けること

これに尽きる

ただ、
変化することと
成長することは

少し違う

成長は方向があるのだ

だから
制限が必要

その点
身体は生まれてきた時から
それぞれに
構造上の制限があるから
分かりやすいかも知れない

写真は3年くらい前